年収1000万以上でも貯金は無い?!裕福とはいえない現実

Pocket

スポンサーリンク



皆様、こんにちは!!

 

先日よく読むサイトで気になる記事を見つけました。

それは、誰もが羨む年収1000万以上の高収入でも貯金がない世帯が多いというものです。

 

貯金ができない年収1200万円世帯

お金の話

●関連記事:マイナス金利の影響は??

記事で紹介しているのは41歳で世帯年収1200万円あるのに、貯金は300万円程度で貯蓄ができないという方を紹介しており。。。

年収1200万円といえばかなりの高給取りの部類に入ると思うのですが、年収3000万円の高給取りでも貯金は1000万円程度しかないというケースも多いとのこと。

 

記事中では、金融広報中央委員会が調査した家計の金融行動のデータを紹介しているのですが、金融資産を保有していない世帯は30.4%となっており、約3軒に1軒の家庭で金融資産をもっていないことになります。

ただ、これは全世帯を対象としているので、無収入の世帯を含んだ数字となっています。

 

しかし、年収1000万~1200万未満の家庭でも金融資産を保有していない世帯は10.8%、さらに年収1200万円以上の世帯では11.8%となっているんです!!

 

そもそもそんな高年収の方は私の周りにはいませんが、、、お給料が高いほど貯金もたくさんあり、資産形成をやっているイメージがありますよね?!

この統計データでそんなイメージが覆ったのですが、ではどうしてそんなに貯蓄が少ないのでしょうか??

 

 

世間の目を気にするとあっというまに高収入貧乏?!

スポンサーリンク



記事によると、ズバリ、背伸びした生活を送っていることが要因のようです。

筆者はこの現象を「高収入貧乏の谷」と呼んでおり、高収入であってもこの谷を越えなければ富裕層にはなれない、と指摘しています。

 

確かに、収入が上がれば、いいマンションに住んで、いいレストランで食事して、海外旅行に行き、高級外車に乗る、などなどあらゆる分野で生活水準をあげることが可能になります。

しかし、それにより支出が増加していき、せっかくの高収入でもあまり手元にお金が残らず、いっこうに貯金できないという悪循環になってしまいます。

高収入だからこそできるぜいたくな消費行動ですが、記事ではこのような行動は「周回遅れ」だと述べているんです(^^;)

 

 

本当の富裕層と普通の人で見え方が違う世界!

rich_person

記事の中では、高級外車ベントレーを例に挙げており、高収入の人がベントレーを買う場合、給料から自動車ローンを支払います。

そして支払いが終わると残るのは中古の車となります。

 

これが富裕層の場合、自身の事業用途のため、このベントレーは社用車として購入し、節税のためにしょうがなく買うというのです!!笑

これは衝撃的な話ですよね(^^;)

 

確かに、経費で高級車を買う富裕層と見栄を張って買う年収3000万円の人では、まったくの周回遅れで見えている世界も違うんですね。。。

私の周りにも独身貴族を謳歌している先輩がいますが、見栄を張り合って競っているような感じがします。

彼らも派手な生活をしているせいで、貯蓄はあまりなかったりするのかもしれないですね・・・(^^;)

 

最後に記事では「高収入貧乏の谷」を越えるには、「入るを量りて出ずるを為す」ことが大切だと締めくくっています。

私はまずは自分の年収を少しでもあげるように努力することから始めてみようと思います!!(^^)

 

スポンサーリンク











 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です