株主優待が熱い!おすすめ銘柄をご紹介☆グルメ編

Pocket

スポンサーリンク



皆様、こんにちは!今年の株式市場は、年明けからいきなり波乱の幕開けとなり、一時日経平均は15,000円を割る下げとなりましたね!!

 

現在は16,000円台で推移していますが、まだまだ先行き不透明感がぬえない印象です。。。

ただ、こんなマーケット環境の時こそ仕込み時だと思いますので、今回から3月末に間に合う「株主優待が熱い!おすすめ銘柄」シリーズをゆきひろの独自目線で調べてみました!

今回は第1弾として、グルメ関連の株主優待をご紹介したいと思います(^^)

 

 

そもそも株主優待とは?

market2

株主優待とは、保有する株数に応じて自社製品や特典などを受け取ることができる株主へのサービスのことを指します。

 

例えば、航空会社の株であれば、航空券の優待券や、レストランや飲食店を運営している会社の株であれば、お食事券や割引クーポンなど、色々な株主優待が存在するんです!

 

株式投資では、現在の株価がいくらなのかというところが一番気になるところですが、株主優待にも注目することで、トータルで投資としてのうまみがあるか判断することもできますよね(^^)

 

 

株主優待の権利を得るためには

スポンサーリンク



株主優待の権利を得るためには、ある一定の条件を満たす必要があります。

それは、各企業が定めた権利確定日までに株主になっていることが条件となります。

 

例えば、3/31(木)が権利確定日の場合、3/28(月)までに買い付けておく必要があるのです!

ここは間違いやすいポイントですが、買い付けから権利確定まで基本的に3営業日必要なため、権利確定日に買い付けをしても間に合わないんですね(^^;)

 

 

おすすめの株主優待!!グルメ編☆

gaurumet

●関連記事リンク:注目のラーメンイベント☆横浜

 

①ヤクルト本社
yaku

(引用元 http://www.yakult.co.jp/)

ヤクルトでおなじみの会社ですが、医薬品も手掛けており、海外拠点を拡大して収益を伸ばしています。

優待内容:
3月は次の3つから1点選択。※保有期間3年未満の場合。
1.自社製品のジュース詰め合わせ
2.乾麺缶詰
3.化粧品

銘柄コード:2267
株価:¥5,640
優待を受ける最低必要株数:100株
最低必要買付金額:¥564,000

 

②エー・ピーカンパニー

tsukada

(引用元 http://wakki001.com/)

エー・ピーカンパニーは都内を中心に居酒屋「塚田農場」等を展開している会社です。
自社農場で地鶏を育成するなど生産・販売の直結が特徴となっています。

優待内容:
自社グループ直営店で使える3000円分の食事優待券またはお米券3㎏分

銘柄コード:3175
株価:¥1,190
優待を受ける最低必要株数:100株
最低必要買付金額:¥119,000

 

③東洋水産

marukora

(引用元 http://tabetainjya.com/)

東洋水産は丸ちゃんでおなじみの即席麺や業務用食材の冷凍食品などを製造販売している会社です。
海外展開も盛んで、メキシコではマーケットシェアが1位なんですね!

優待内容:
持株数に比例しグレードアップ。※必要保有期間1年以上。
100株以上・・・2,000円相当の自社製品の詰め合わせ
1,000株以上・・・3,500円相当の自社製品の詰め合わせ
3,000株以上・・・5,000円相当の自社製品の詰め合わせ

銘柄コード:2875
株価:¥4,295
優待を受ける最低必要株数:100株
最低必要買付金額:¥429,500

 

④岩塚製菓

iwatsuka

(引用元 https://job.nikkei.co.jp)

岩塚製菓は黒豆せんべい等を主力商品とする米菓の製造・販売を行っている会社です。米菓業界では3位で、高級せんべい専門店も手がけています。

優待内容:
持株数に比例しグレードアップ。
100株以上・・・1,000円相当の自社製品
500株以上・・・2,000円相当の自社製品
1,000株以上・・・5,000円相当の自社製品

銘柄コード:2221
株価:¥5,420
優待を受ける最低必要株数:100株
最低必要買付金額:¥542,000

 

以上、グルメ編をお送りしました!!投資をしていろいろな特典がもらえるのは嬉しいですよね(^^)

もちろん投資判断はご自身の責任で行ってくださいね☆

※記載株価は3/3日の終値です

スポンサーリンク











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です