2月22日は猫の日☆猫ブーム到来?犬よりも人気の傾向

Pocket

スポンサーリンク



皆様、こんにちは!最近は少しずつ暖かくなってきており、ゆきひろの愛犬でチワワのクマ君もだいぶお散歩が軽快になってきました!

そんなワンコ大好きな私ですが、最近では猫の方が人気になっていると聞くではありませんか!!(^^)

しかも2月22日はニャン・ニャン・ニャンの語呂合わせで「猫の日」に認定されているというではないですか!笑

確かに最近はテレビでも猫の方がよく取り上げられていると感じます・・・。

なので、本当に猫ブームが来ているのか、色々と調べてみました!!

 

猫ブームの火付け役は?

 

Neko1

(引用元 http://iitokoronet.com/)

日刊ゲンダイの記事によると、猫ブームの火付け役は和歌山電鉄・貴志駅の名物ねこ「たま駅長」で、経済効果は年間11億円にも上るとのことです!!

たま駅長一匹でこの経済効果ですから、全国いろいろな猫がいることを考えるとものすごい経済効果になるのは間違いないですね(^^;)

実際に関西大の数理経済学名誉教授である宮本教授の試算によると、平成27年の経済効果は実に2兆3千億円にも上るとの結果も出ています。

また、ペットフード協会の年次推計によると、2014年10月時点の猫の国内飼育数は996万匹と過去3年間で3.7%も増えているんですね!

一方の犬は同期間で13%も減少し、1,035万匹となり、昨今の猫ブームは数字の上でも証明されたといえますね!!

このペースでいけば、猫の飼育数が犬を超えるのは時間の問題ですね(^^)

 

また、猫人気の裏にはこれまでの景気低迷によるデフレ経済で所得減少や一人暮らし増加などのライフスタイルの変化によって、犬よりもお金のかからない、散歩も必要がない猫に人気が移っているとも考えられます。

私も現在のマンションを購入する前はペット不可の賃貸マンションに住んでいたので、犬好きでしたが、よく猫カフェに遊びに行っていた記憶があります。

しかし、一方で犬カフェというものはあまり聞いたことがなく、やはり犬と触れ合うにはペットとして飼うしかないので、猫の方が飼っていない人でも接点を持てる機会が多く、結果的に猫を飼おうとなる人が増えてきたのかもしれないですね。

 

ねこあつめ、飛び猫、猫侍。ネコノミクスが大盛況☆

スポンサーリンク



スマホゲーム「ねこあつめ」は500万ダウンロードを超すブームとなり、「飛び猫」や「人生はニャンとかなる!」などの猫本もいまや書店に山積みされる人気ジャンルとなっています。

そして、猫と北村一輝さん主演の「猫侍」は大人気となり、続編のドラマや映画も作られています!

さらにこの猫ブームは観光や行政へも広がり、広島県尾道市は猫のまちとして町おこしを始め、大手旅行会社は尾道観光協会と協力して「尾道 猫のまっている路地めぐり・ぐるめぐりツアー」を開催したり、県の観光プロモーションとして、猫の目線で尾道の路地裏を散策できる「広島キャットストリートビュー」を開設したりと、色々なところが猫の手を借りているようです(^^)

 

猫ブームはいつまでつづく?

 

Neko2

(引用元 http://iitokoronet.com/)

調べれば調べるほど次々と猫関連の記事が出てくる現状をみると、まだまだ猫ブームは続きそうですよね!

特に少子高齢化や晩婚化、おひとり様化などライフスタイルの変化により、ひとり暮らしの心の寄り所という存在として、ますます求められているのかもしれません。

ただ、私もそうでしたが、ペット飼育可能な賃貸住宅はまだまだ少ないように思いますし、あっても家賃が高かったり、追加敷金が必要だったりと、ペットを飼うにはそれなりのお金が必要になります。

そうした住環境も改善され、人も猫も気持ちよく住める環境が増えれば、さらにネコノミクスも勢いに乗り、人も猫も幸せになれるかもしれませんね☆

スポンサーリンク











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です