お笑い芸人永野さん!ラッセンネタで大ブレイク☆ご本人とも対面

Pocket

皆様、こんにちは!空前のお笑いブームと言われて久しい今日この頃、もはやブームを超えてひとつのジャンルになりましたよね!
今日はゆきひろが最近気になる芸人シリーズ第1弾と題して、最近テレビでみかけるようになってきた『永野さん』について調べてみました(^^)

永野さんのプロフィール
Nagano-san2

(※引用元 geinou2.com)

永野さんは1974年9月2日生まれの宮崎県出身です。私も九州の福岡出身なので勝手に親近感が湧き、応援したくなります☆笑

所属事務所はグレープカンパニーで、サンドウィッチマンさんなどがいらっしゃいます。

元々はオーディション経由でホリプロに所属し、1995年からピン芸人として活動を始めて現在は芸歴20年のベテラン芸人さんです。

同期の芸人さんには、フットボールアワーさんや品川庄司さん、おぎやはぎさん、バカリズムさん、ガレッジセールさんなどそうそうたるメンバーがいる期です(^^)

 

ブレークのきっかけは?

2015年からメディアに出る機会が増えたようですが、そのきっかけは意外にもあの俳優、斎藤工さんなんですよ!

斎藤工さんがラジオに推し芸人として呼んだりして徐々に注目されるようになったようです。

持ちネタで特徴的なのはあの不思議な音楽と髪をかき分けるしぐさですよね!

「ゴッホとピカソに捧げる歌」と称して、「ピカソより〜普通に〜ラッセンがすっき〜!ゴッホより〜普通に〜ラッセンがすっき〜!!」と叫ぶあのネタは、最初見たときは「やべぇ奴が出てきたな!笑」と思いましたが、今では私の妻も大ファンで永野さんがテレビに出ているとかじりついてみています(^^)

よくよくこのネタに注目してみると、「確かに、ピカソとかゴッホの絵は有名だけど、ラッセンのイルカや海の絵の方が綺麗だし、見ていてインパクトもあるから、ラッセンの方が好きかもなぁ〜」なんて妙に納得したりしました。。笑

実際に、日本でも少し前にラッセンブームがありましたよね!ラッセンのジグソーパズルをやった方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク



あのラッセンとも対面していた!

ネタに出てくるラッセンは、イルカや海の絵をモチーフにした有名画家クリスチャン・リース・ラッセンさんのことですが、実は2015年7月に日本で展示イベントがあった際に永野さんがイベントゲストとして呼ばれていたんです!

もちろん全力であのネタを披露され、ラッセンさんからはfacebookで”He is fantastic!”と称賛されていました☆

永野さんはネタをやる際にまったく緊張しなかったと語っており、ウケたくてラッセンさんに手を振ったり奇声をあげたりました、とコメントしていました(^^)

 

今後もぜひ活躍してほしい

どちらかというとシュール系なネタで、風貌からもキモ芸人というジャンルになるかもしれませんが笑、ハマる人にはどっぷりハマる芸人さんだと思います(現に私の妻がどハマり中です笑)。

今後もメディアなどではキモ芸人としてフィーチャーされるかもしれませんが、私は応援したいと思います!(^^)

また気になる情報があれば追加していきたいと思います!
スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です