子連れに優しい韓国!おすすめの夜ご飯や反省点〜子連れ韓国美容旅その2

Pocket

スポンサーリンク



皆さんこんにちは!

前回記事の続きで、今回は初の子連れ海外旅行にいった感想や反省点を書こうと思います(^^)

【前回記事】

シミ取りレーザーで韓国旅行にいった感想その1

 

ベビーカー必須!バッグもキャリーケース推奨

今回の旅の最大の反省点は、B型ベビーカーを持っていけば良かった!!という点ですね。

駅からホテルまでの間や明洞周辺、駅から病院までなど、結構歩く方が多くて坂道の所もありました(^_^;)

2歳児の娘は調子が良い時は歩いてくれますが、疲れてくるとやはり抱っこで移動することが多かったです。

なので、妻と交代で抱っこしていてましたが、ベビーカーがあればもっと快適に移動できたと思いますね(^^)

 

ただ、地下鉄に娘を抱っこして乗っていると、いろんな人が席を譲ってくれて本当に子供に優しい国だなと思いましたね!

移動は全て地下鉄でしたが、ほぼ100%の確率で席を譲ってくれました。

 

これまで韓国に対しては、テレビのニュースを通して、日本に敵対的な国というイメージがありましたが、現地に行ってみないと本当のことはわからないですね(^^)

政治的な話になるといろいろな感情もあると思いますが、少なくとも子供に対する韓国の方々の優しさにはとても感動しました!

 

あと、荷物は最低限で行ったのですが、集約しすぎて1つのカバンにしたのも失敗でした(^^;;

今回持っていったカバンにはキャスターがついてなかったので、常に手持ちでいくしかなかったんです(>_<)

なので、次回は小さめのスーツケースにしようと思います!

今回は韓国の地下鉄にあるコインロッカーをフル活用して、なんとか乗り切りました(^_^;)

ベビーカーもなく、荷物も手持ちだったので、私が娘を抱っこしている時は妻が荷物を持ち、妻が抱っこしてる時は私が荷物を持たなければいけなかったので、腕が休まるときはなかったです(>_<)笑

 

 

子供も食べれる!おすすめプデチゲ

スポンサーリンク



今回は妻の美容旅ということで、あまり観光はしませんでしたが、シミ取り施術が終わった後に行ったショッピングモール「COEX」はかなり良かったです。

COEXはスタバやゴンチャなどの有名カフェからファッションブランド店まで100店舗以上のお店が入ってる巨大ショッピングモールです。

夜ご飯はこのショッピングモールでいま韓国で人気の「プデチゲ 」を食べました(^^)

プデチゲ は、スパムやネギなどと一緒に鍋にラーメンを入れて食べる韓国料理で、最近とても流行っているようです。

鍋には辛い味噌が入っているのですが、娘もいたので、辛い味噌はお皿に取り出して、好みに応じて使うようにしました。

スープは優しい味でとても美味しかったです!

娘も麺は大好きなので、2人前の麺を入れましたが、1人前くらいは食べてましたね(^^)笑

メニューに載っている写真は辛そうでしたが、辛い味噌を取り出しておけばとても優しい味なのでお子様連れもおすすめです。

お会計は鍋2人前とカルビクッパ1人前を頼んで合計3千円以下だったのでかなりリーズナブルでした(^^)

 

 

韓国は現金いらず!クレジットカード必須

2日目の朝は人気のパン屋さん「onion」に行って美味しいパンを食べました。

10時前位に到着したのですが、土曜ということもあってか、すでに10組以上の会計待ちの列ができていましたね(^^;;

店内にはインスタ映えしそうなパンが沢山あって、お客さんもほとんどが女性でした。建物も韓国の昔の家をイメージしたつくりになっていて、良い雰囲気でした。

娘もパンは大好きなので、クロワッサンやシフォンケーキをもりもり食べてました(^^)

そのあとは明洞に移動して、LINEのお店で写真をとったり、周辺を散策して、早めに金浦空港へ向かいました。

この時もベビーカーを持ってこなかったことをとても後悔しました(T . T)

空港行きの電車にはソウル駅で乗り換えるのですが、地下鉄からの乗り換えが結構遠かったんですね。

空港線には弘大入口駅からも乗り換えることができるので、次回はこちらを利用しようと思います。

 

あと、所持金に関しては、現地に着いて2万円位両替しましたが、ほとんどのお店でクレジットカードが使えたので、地下鉄代や飲み物代で5千円位しか使ってなかったです。

なので次回は1万円位の両替にしておこうと思います。

 

いろいろと思い返すと反省点はありますが、初めての子連れ海外旅行はとても良い思い出になりました!

子連れ韓国旅行に行く方のご参考になれば幸いです!

本日も読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です