ビットコインという新たな投資!取引所間の価格差を狙う戦略(アービトラージ)で儲けを狙う。

Pocket

スポンサーリンク



2017年一発目の記事は景気がイイ記事を書いてみようと思います^^

最近、ビットコインが何やら巷でアツいという噂ですが、どうやらかなりの熱量になってきているようですね!!

先日ビットコインで儲けている友人とご飯を食べたのですが、色々と面白そうな話を聞きましたので、今回はビットコインについて調べてみました。

 

 

そもそもビットコインとは?

ビットコインと聞くと、以前マウントゴックスというビットコイン取引所破たんを思い出す方も多いのではないでしょうか。

当時は結構なニュースになり、なんとなくビットコインにいいイメージがない方もいるかもしれません。

そもそもビットコインとは、インターネット上で発行され、取引されている仮想通貨の1つです。

仮想通貨といわれても正直ピンとこないですよね^^;

実はすでに欧米や中国、東南アジアなど多くの国で利用されているんです。

日本円やアメリカドルのように実際のお札としては存在していませんが、「お金」として使うことができます。

ビットコインは主に「投資」、「送金」、「決済」といった用途で使うことができます。

 

ビットコインは円やドルと交換可能であり、日本でも取引所を通じてビットコインを購入することが出来ます。

実は、現在国内の取引所は10箇所もあるんですね。

そして日々値動きしており、現在約128,000円で取引されています。
※2017年1月4日22時現在のビットポイント取引所での参考価格

なので、安い時に購入して値上がりした場合には売却益を得ることができます。

これが投資としての側面です。

 

また、海外では送金手段としてビットコインを使われているんです。

理由は手数料の安さにあります。

銀行の海外送金サービスを利用する場合、1回の送金で3,000円から4,000円程度の手数料がかかります。

これはなかなかの負担額ですよね。

しかしビットコインを使えば数百円程度になるんですね!!(実際の手数料は利用する取引所によります。)

 

そして、実際のお店で支払いに使うこともできるんです!

実は六本木のバーや銀座のお寿司屋さんなどでビットコイン決済を導入しているお店が既にあるんです。

スマホにビットコイン用のアプリを入れ、お店の端末にスマホをタッチすることで電子マネーのように支払うことができます。

このビットコイン決済ですが、今後は導入が進むことが予想されるんです。

それは、お店が支払う手数料がクレジットカードに比べて安いからなんです。

通常クレジットカードの場合、お店側はカード会社に手数料として3~5%くらいの手数料を払っています。

これが、ビットコイン決済の場合は1%程度で済むんですね!!

Suicaが街中で利用できるようになったように、ビットコインも利用シーンが広まることが予想されますよね^^

 

 

価格差で儲けるアービトラージ戦略

スポンサーリンク



様々な側面があるビットコインですが、友人がやっていた方法は投資という側面に注目したやり方でした。

ビットコインを売買できる取引所ですが、実はそれぞれの取引所で提示する売買価格に差があるんです。

その価格差を利用して安い取引所でコインを購入し、購入したコインを高く売れる取引所へ送信し、売り抜けるという戦略でした。

これは「アービトラージ」というやり方で、彼は1日数回の売買で数万円の利益をたたき出していたんです!!^^

 

これは取引所の参加者にばらつきがあるために起こる事象で、参加者が多くなると徐々に価格差は解消されていきます。

そして、来年は仮想通貨として国が認可に動くために、参加者が爆発的に増えることが予想され、

この戦略もいよいよ使えなくなるかもね~

と友人は言っていました。

 

 

2017年春に施行される予定の仮想通貨法案(改正資金決済法)

2016年5月25日の参院本会議で、ビットコインなどの仮想通貨を規制する「改正資金決済法」が可決、成立しました。

この改正資金決済法は、仮想通貨を決済手段に使える「財産的価値」と正式に国が定義したことを意味します。

成立後1年以内に施行することになるので、2017年春頃から、日本国内でビットコインを利用したり取引したりする時の安全度が高くなると期待できるといえます。

この法案によって、ビットコインは国から「支払い手段のひとつ」というお墨付きをもらうことになり、これまで明確に定められていなかったビットコインの利用者保護などの体制も整うことになります。

また、各取引所への規制も明確となることが予想され、取引所運営業者は内閣府への登録が必須となり、破産時の財産返還なども義務付けられることになります。

こうした法令に違反すれば業務停止などの処分が課されます。

 

マウントゴックスが破たんした当時は、こうした法整備がなかったために、多くの人たちが被害を受けました。

なのでこうした法整備が整って来れば、発行枚数が決まっているビットコインの利用者が増えれば増えるほど価値は上がっていくことが予想されますよね!!

さらに法整備が整ういまの段階で、ビットコインに慣れておけば先行者利益で儲けることができるかもしれまん。

実は私も口座を複数開いて実際にアービトラージをやってみまして、さっそく数千円の儲けを出すことが出来ました^^

もちろん取引にはリスクが伴いますので、ご自身の判断で各自のリスク許容度にあった範囲で取引していただければと思います。

本日も読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です