Airbnb(民泊)とは?人気の秘密と今後の可能性を探る!

Pocket

皆様こんにちは。
最近巷では『Airbnb(エアービーエヌビー)』なるものが流行っているそうなのですが、皆さんご存知でしょうか。
もともとは海外で開始したサービスですが、ここ最近日本でも注目されるサービスなのです。今回はそんなAirbnbを調べてみました!

airbnb1

What is Airbnb?

Airbnbは2008年にカリフォルニアで始まったサービスで、自分の空き部屋やスペースを有料で旅行者に貸すことができるサービスで、現在世界192カ国、35000都市で行われています。

私もAirbnbのiPhoneアプリをダウンロードしてみましたが、とても画期的なサービスになっていました。
操作はシンプルで、行きたい都市を入力するだけです。すると、そのエリアで募集している空き部屋の情報がでてきます。

空き部屋情報には、価格と宿泊可能人数、設置されているアメニティ情報、宿泊者のレビューなど、宿泊先を選ぶうえで重要な情報を確認することができます。

お部屋のタイプもマンションの一室タイプから古民家や戸建など、ユニークな物件も多く登録されていました。

試しに渋谷や恵比寿などで検索してみたところ、4000円から泊まれる物件もあり、複数人で宿泊すると考えると、一人当たりの宿泊費用は数千円で抑えることができるので、宿泊費用を抑えたい旅行者にはとってもうれしいサービスですよね!!

2014年に日本を訪れた外国人旅行者数は1341万人と過去最高を記録しており、政府は2020年の東京オリンピック決定を追い風に、2000万人を目標に掲げています。

それにはホテルなどの宿泊施設不足や外国人の受入れ体制など多くの課題があります。そこで注目されているのが、このAirbnbなのですが、現在、旅館業法の範疇になるかどうかが問題となっているのです。。

スポンサーリンク



法律的な問題点

airbnb2

旅館業法によると、「宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業」をホテルや旅館とし、規制の対象となっています。

この条件にあてはまる場合、営業許可を取得する必要があります。この営業許可のクリア条件には、構造や設備上の要件があり、マンション一室を貸すというスタイルで取得するのはかなり困難なのです。

これは日本だけでなく、Airbnbが行われている世界各国でも同様の法律が存在するため、議論がなされています。

法的にはグレーであるが、大目に見てもらっている、というのが現状になっているのです。

現在、政府は法改正や新法を視野に入れながら2016年6月をめどに一定の方向性をだすとのことで動いており、今年はさらにこのAirbnbに注目が集まるでしょう☆

 

今後の可能性

Airbnbを利用して宿泊先を提供している側とホストといいますが、日本ではこのホストも最近急増しています。

元々はマンションのオーナーで入居者を募集していたが、なかなか部屋が埋まらず、代わりにAirbnbに登録して利益を出す、というやり方が増えています。

また、Airbnbをやりたいオーナー代行業者も増えており、手数料を受け取り、空き部屋の清掃や宿泊希望者との英語でのやりとりなど、すべてオーナーに代わってやってくれるというサービスです。

こうした便利なサービスが出てくると必ず業界団体などが反発し、既得権益を守ろうと政治を動かすという流れも出てきますので、次回の法改正は要注目です。

このAirbnbは日本人でも利用可能なので、今度国内旅行に行く際には使ってみようかなと思います(^^)
その時は、また感想を書きますね!!

スポンサーリンク











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です